カードローンの限度額とは

限度額ってどういう意味?

カードローンでカードを作ったからといって、いくらでも無制限にお金を貸してもらえるわけではありません。そのカードで借り入れできる額の上限は、カードローンを申し込んだ際の審査を通して決められます。

 

最大利用限度額というのは、各ローン業者によって差があり、300万円から500万円前後に設定されていることが多いです。しかし最大利用限度額が500万円であるからといって、誰でも500万円の借り入れができるカードを作れるのかというと、そうではありません。

 

カードローンの利用限度額は、年収など個人の信用情報によって、私たち借り手の一人一人に対して決められるものです。この「信用」の基準というのは、各ローン業者によって異なっています。一人の人が複数の業者に申し込んだ場合でも、審査に通るローンと通らないローンとがあるのは、そのためです。

 

また2010年からは、無担保ローンで借入できる総額を年収の1/3までとする「総量規制」というものが設けられています。それに伴い、各ローン業者で利用できる限度額の審査も厳しくなっています。

 

ただ中には、初めに利用限度額が低く設定されていても、借り入れの返済を滞りなくきちんとしていくことで、「信用」が見直され、利用限度額が高くなることもあります。そもそも、利用限度額というものは、無理な借り過ぎを防ぐために設定されているものです。

 

以上のような仕組みを理解して、カードローンを適切に利用しましょう。

今すぐキャッシングが必要な人のためのおすすめキャッシング


アコム プロミス モビット

金利が低い!

初回30日間無利息!※1

>>>レディースローンはこちらから

トータルサポートが充実!
※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※2 モビットの即日融資には14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。